Huawei’s Retail Revival: New Flagship Stores Open Across China

中国での新しい小売戦略によるHuaweiのAppleへの挑戦

華為技術(Huawei)は、ライバルであるAppleの店舗に近い場所に一連の旗艦店を公開することで、中国の高級家電市場において賭けを上げています。華為技術の最新鋭の上海店は、華麗な三階建ての施設で、有名な歴史的建物に収容されており、カフェやフィットネスセンターなどの特別な設備を備えています。2か月以内に主要な都市に4つの新しい店舗を開設し、米国の制裁に適応した後、分散型エージェント依存からより直接的な小売アプローチへの転換を図ったこの戦略的拡大は、華為技術のスマートフォンセグメントに一時危機をもたらしたアメリカの制裁に応じます。

改装された上海店を訪れた地元の人は、Appleの隣に輝く雰囲気に感心し、隣にあるAppleアウトレットを上回る洞察力で、優れた携帯電話通信の約束に引き込まれ、iPhone 15 Proの代わりにHuaweiのPura 70 Ultraを選択しました。Appleは中国本土内に47店舗を展開している一方、華為技術は2019年の最初の店舗開設以来、11店舗に到達しています。

業界アナリストは、華為技術が20以上の旗艦店を設立する可能性があり、Appleの小売店の存在に近づけると予想しています。この前進は、華為技術が米国の制裁からの回復を強化し、独自のチップと人気の5G製品の内部開発を含むことでさらに前進しています。このテックジャイアントは、分銅商に高い利益率と専属パートナーシップを提供して小売ネットワークを大幅に強化しています。

GeoQとの提携を通じて、主に小規模都市に5,200以上の華為技術ライセンスを取得した店舗を開設することにより、堅牢な流通体制の実現を示しています。一方、Appleは中国の第1四半期にiPhoneの販売が6.6%減少したのに対し、華為技術はスマートフォン出荷量が110%増加しました。

一部の供給チェーンの制約が続いていますが、高級製品ラインであるPura 70 Ultraスマートフォンを含む華為技術のプレミアム製品は好意的な消費者フィードバックを受けています。彼らの豪華な小売スペースには、スマートフォンから中国メーカーとの協力による電気自動車まで、さまざまな高級製品が展示されており、オンライン販売よりも物理的な小売スペースを好む華為技術の傾向が強化されています。この小売の復活は、中国のスマートフォン市場を揺るがし、地元競合だけでなくAppleに挑戦しており、香港など海外市場にも波及しています。

主な課題と論争

米国の制裁: 米国政府の制裁によって、Huaweiの成長は阻害され、特にスマートフォンセグメントにおいて国際的なビジネスを行う能力に大きな影響を及ぼしました。Huaweiは、国家安全保障上の懸念を根拠として、AndroidオペレーティングシステムやGoogle Mobile Servicesなどの重要なテクノロジーや部品へのアクセスが制限されています。

供給チェーンの制約: COVID-19パンデミックや他の国際的な貿易摩擦によって悪化した供給チェーンの問題に、Huaweiを含む世界のテック業界が直面しています。これは、電子製品の生産と配送に影響を与え、欠品や遅延を引き起こしています。

技術的自己充足: 米国の制裁に対抗するため、HuaweiはHarmonyOSや独自のチップ技術の開発など、自己依存を強いられました。これらの取り組みは、Huaweiの生存を確保し、世界的なテック企業との競争を続ける上で重要です。

Huawei戦略の利点と欠点

利点:
1. 直接消費者との関わり: 物理小売のプレゼンスを拡大することで、Huaweiは顧客と直接関わり、ブランド体験を構築することができ、顧客のロイヤルティや製品の差別化に重要です。
2. 地域のプレゼンス: 戦略的な場所にある旗艦店は、Huaweiが現地市場向けの製品とサービスエコシステムを展示し、新しい顧客を引きつける可能性があります。
3. 販売とサービスへのコントロール: 自社の店舗を運営することで、Huaweiは販売プロセス、顧客サービス、および全体的なショッピング体験に対する大きなコントロールを得ることができます。

欠点:
1. 高コスト: 旗艦店を設立することは、特にプレミアムな場所には膨大な投資が必要であり、特に米国の制裁の重荷の下ではHuaweiの財務を圧迫する可能性があります。
2. 競争: 中国の高級家電市場における激しい競争は、Huaweiの拡大が既存のライバルであるAppleに対して市場シェアを維持するために継続的な革新と攻勢的なマーケティング戦術で応える必要があることを意味します。
3. 政治的リスク: 地政治的な緊張がHuaweiの国内外でのビジネス活動を複雑化させる可能性があります。

Huaweiの最新の戦略的動きや課題に関する追加情報については、以下の提案されたリンクを使用して、同社のメインホームページや関連業界分析サイトをご覧ください: Huawei公式サイト。私の知識の最終日時点では、URLが有効であると見なされますが、直接リンクを提供する際には、現在のウェブ標準とURLの有効性を確認することが望ましいことにご注意ください。