米国でApple Watch Series 9およびWatch Ultra 2の販売禁止

国際貿易委員会(ITC)の決定により、Apple Watch Series 9とWatch Ultra 2の米国内での販売が禁止されることとなりました。この禁止措置は12月26日に発効します。ITCは、医療機器に特化した企業であるMasimoが所有する血中酸素濃度測定技術の特許をAppleが侵害したと判断しました。

ITCの決定の結果、Appleは12月21日に迅速に両デバイスを自社ウェブサイトから、そして24日以降は物理店舗からも削除しました。控訴手続き中に決定をブロックしようとする試みもあったものの、ITCはそのリクエストを拒否し、ジョー・バイデン大統領も禁止措置を拒否しました。

ただし、この禁止は米国内のAppleストアにのみ適用されます。顧客は引き続き、Best BuyやTargetなどの他の小売店でWatch Series 9とWatch Ultra 2を購入することができますが、在庫がなくなり次第終了します。また、Watch SEの販売には影響がありません。なぜなら、このモデルには血中酸素濃度センサーが搭載されていないからです。

Appleの次のステップについては、複数の可能性が考えられます。1つの解決策としては、両時計の血中酸素濃度センサーソフトウェアを変更するか、輸入デバイスでセンサーを無効にすることが挙げられます。ただし、これらの変更がITCの要求を満たすかどうかは不明です。別の解決策として、AppleとMasimoとの間で特許侵害問題を解決するための和解を結ぶことも考えられます。

Apple Watch Series 9とWatch Ultra 2に課せられた禁止は、テックジャイアントにとって重要な課題をもたらします。それにもかかわらず、Appleはこの状況に対処し、顧客に製品を提供し続けるための解決策を見つけるためにさまざまな選択肢を持っています。