Rivian obniża ceny i wprowadza nowe opcje baterii dla R1T i R1S

Rivianは、人気のあるR1TとR1Sモデルに重要な変更を発表しました。会社は価格を引き下げるだけでなく、新しいバッテリーオプションも導入し、顧客がより多くの選択肢を得るようにしました。

最初の新しいオプションは、106 kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したスタンダードバージョンです。このオプションは四輪駆動のR1TとR1Sモデルに最適で、推定航続距離は270マイルです。新しいR1Tスタンダードの価格は69,900ドルからで、前の大容量バッテリーを搭載した以前のバージョンに比べて9,100ドルの値下げです。R1Sスタンダードも価格が74,900ドルと手頃になりました。

もう一つの新しいオプションは、121 kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したスタンダード+バージョンです。このオプションは四輪駆動のR1TとR1Sモデル、およびパフォーマンスバージョンで利用可能で、推定航続距離は315マイルです。スタンダード+オプションを選択することで、45マイルの追加航続距離が得られ、スタンダードオプションに比べてさらに3,100ドルの追加費用がかかります。

ただし、上記の価格には輸送費や税金が含まれていないことに注意が必要です。現在、Rivianは両モデルに対して1,800ドルの配送手数料を請求しています。

価格引き下げはRivianが導入する唯一の変更ではありません。会社は電気自動車のコストをさらに低減できる新しいリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーに取り組んでいます。これらのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーに比べて低コストでより耐久性がありますが、重くエネルギー効率が劣ります。

まとめると、R1TとR1Sモデルの新しいバッテリーオプションと価格引き下げにより、幅広い顧客にとってより利用しやすくなります。Rivianはまた、来月新しいR2S SUVモデルの発売と、おそらく新しいR2Tピックアップの発売を発表しています。