Halo Infinite w 2024 roku: Operacje zastępują sezony

『Halo Infinite(ヘイローインフィニット)』、人気のマルチプレイヤーシューティングゲームは、定期的で小規模なアップデートを重視するため、シーズナルシステムを廃止します。343 Industries(スリーフォースリーインダストリーズ)の開発者は1月19日の更新ストリーム中で、この変更を発表しました。新しいモデルは、定期的に「オペレーション」を導入することに焦点を当て、それぞれが20の報酬レベルで構成されています。シーズン名は異なるものになりますが、これらの変更は以前のシステムと一部の類似点を維持するはずです。

『スピリット・オブ・ファイア』オペレーションとその他の追加要素

新年が『Halo Infinite(ヘイローインフィニット)』に変化をもたらし、新しい追加要素も期待されています。その中には、競技に最適で両チームに平等な機会を提供するように設計された対称的な配置の新たな5つのマップアリーナ「イリュージョン」があります。このマップには、敵の拠点間を直接つなぐ視覚的な接触ラインとして機能する狭い通路が含まれており、激しい戦闘を約束します。プレゼンテーションで披露された可変の地形レベルにより、この新しいマップはユニークな性格を持ち、異なるゲームモードのマップローテーションに優れた追加要素となります。

懐かしい没入感

新しい『Halo Infinite(ヘイローインフィニット)』のアップデートでは、シリーズの過去の作品を参照する要素に注意が払われています。その1つが、2001年のゲーム『Halo:Combat Evolved』のライフルに似た新しい基本アサルトライフルのスキンです。これは、武器の統計に影響を与えない純粋なコスメチックの変更です。このスキンは、1月30日から有料版のアップデートで利用可能になります。さらに、全プレイヤーには、2009年のRTSスピンオフ『Halo Wars』に起源を持つマークIVアーマーという形で新しいコスメティックアーマーが提供されます。

フォージのアップデートとビッグチームバトルモード

『Forge(フォージ)』で自分のマップを作成するファンのために、新しいオプションが用意されています。1月30日から、『Halo(ヘイロー)』シリーズの主要な敵対勢力であるコヴナントをテーマにしたエレメントにアクセスできるようになります。また、ゲーム内エレメントの色の追加カスタマイズオプションも提供され、さらなるパーソナリゼーションの可能性がさらに広がります。さらに、ゲーム内のオブジェクトの一意の振る舞いを可能にする「スクリプトブレイン」が、異なるマップ間で保存および使用できるようになりました。

最後に、2月には、ゲームコミュニティが作成した3つの新しいマップが『ビッグチームバトル』モードに追加されます。さらに、新しい選択ツールを使用してゲームをカスタマイズする能力が約束され、プレイヤーに好みのマッチのカスタマイズを提供することで、ゲームプレイモードの多様性が向上します。同様のソリューションは、既にゲーム『The Master Chief Collection』で成功を収めています。

これらの新しい変更から、2024年は『Halo Infinite(ヘイローインフィニット)』ファンにとって成功した時期となることが示唆されています。プレイヤーは、多くの新しい興味深いコンテンツのアップデートを発見し、愛されたシリーズの新鮮さを体験する機会を得るでしょう。