Stage X planuje wdrożyć 6000 stacji bazowych 5G w całym kraju

韓国の企業ステージXは、韓国の第4のモバイルオペレーターとしてライセンスを取得し、同国全土で2025年の前半にモバイルネットワークサービスを開始する計画です。韓国のメディアによると、ステージX社長のソ・サンウォン氏は、同社が韓国に28 GHz周波数5Gネットワークを展開するために6128億ウォン(462百万ドル)を投資すると述べました。このオペレーターは、28 GHz周波数ネットワークの設置要件に準拠して6000基地局の構築を計画しています。

サンウォン氏は最近の記者会見で、「当社は今年からインフラの建設を開始し、2025年の前半に全国展開のネットワークサービスを提供する予定です。28 GHz基地局の構築に加えて、中低周波数帯を取得して独自のネットワークを構築する予定です。」と述べました。

この新しいオペレーターは、コスト削減のために全コアネットワークを仮想化する計画であり、ネットワーク品質管理とサービス運用に人工知能(AI)を積極的に活用することを発表しています。

ステージXは28 GHz周波数を利用したWi-Fiサービスも提供する計画であり、コンサートホール、病院、学校、空港などの人口密集地域で28 GHzベースのWi-Fiを構築する予定です。

ステージXは、カカオコーポレーションの子会社であるStage Fiveとその他の未公表企業からなるコンソーシアムであり、韓国政府が実施した入札を通じて28 GHz帯での運用ライセンスを取得しました。

新しいオペレーターは、市場ポジションを確保のために28 GHz帯でのサービス提供者として、先行情報によると3年間独占的に運用する予定です。

地域のオペレーターであるSKテレコム、LGユープラス、KTは2018年に3.5 GHz帯と28 GHz帯で周波数を取得しましたが、それぞれの周波数帯につき22,500基地局と15,000基地局を設置することが求められました。政府は3.5 GHz帯に指定された無線局数を各オペレーターが達成したが、28 GHz帯の要件を満たしていないと発表しました。

昨年、韓国政府は、投資不足や展開要件の達成が不十分だったため、ローカルオペレーターに対して5Gの実施に先行して付与されていた28 GHz周波数のライセンスを取り消しました。

投資が不足しているという指摘に対応して、韓国政府は、国内通信市場での競争を高めるために新しいオペレーターを導入する措置を講じました。