Accelera, Daimler Truck and PACCAR Choose Mississippi for Advanced Battery Cell Manufacturing

アクセレラ、ダイムラー・トラック、およびPACCARは、共同事業のための先進的な電池セル製造の将来の拠点としてミシシッピ州マーシャル郡を選択したことを発表しました。この協力により、商用電動車両向けの電池セル生産を地元化し、アメリカ合衆国で2,000以上の製造業の仕事を創出する予定です。これらの企業は、2027年までに21ギガワット時(GWh)の工場で電池セルの生産を開始する計画です。

昨年9月に発表されたこの共同事業は、中〜重量級商用輸送用の電気自動車の普及を支援するため、コスト効率のよい革新的な電池セル技術を提供することを目的としています。アクセレラ、ダイムラー・トラック、およびPACCARは、ビジネスの30%を共同所有し、その運営に対して同等の権限を持つ予定です。主な焦点は商用バッテリー電動トラック向けのリチウム鉄リン酸塩(LFP)電池技術に置かれます。LFP電池セルの製造メーカーであるEVEエナジーは、技術パートナーとしてこの共同事業で重要な役割を果たし、ビジネスの10%を所有し、電池セルの設計と製造における専門知識を提供します。

マーシャル郡の製造拠点として選ばれたことは、単に関連企業にとって重要な意味を持つだけでなく、共通の脱炭素化した未来のビジョンを実現する重要な一歩であります。カミンズの会長兼最高経営責任者であるジェニファー・ランジーは、ミシシッピ州での経済成長と雇用創出を推進しながら、パートナーシップの強化と顧客のニーズに応える機会に喜びを表明しました。

地域化された電池セル生産を確立する決定は、自社の運用を脱炭素化する取り組みにおいて、顧客への費用対効果の高いソリューションを提供する重要な要素として位置づけられます。ダイムラー・トラック・ノースアメリカの社長兼最高経営責任者であるジョン・オリアリーは、ミシシッピ州とマーシャル郡のコミュニティが共通の気候目標を達成するための支援に感謝の意を表明しました。

PACCARの最高経営責任者であるプレストン・フォイトも、ミシシッピ州、地域、そして人々とのパートナーシップを強調し、新しい電池セル工場がその地域の顧客に手ごろな価格で業界をリードするゼロエミッションソリューションを提供することになると述べました。